実家の庭にはプランターや鉢植えなどで、お花やちょっとした野菜などの植物を植えているのですが、時々可愛らしい訪問者が現れます。

庭にくる鳥・虫・小動物のエピソード
庭にくる鳥・虫・小動物のエピソード

実家の庭にはプランターや鉢植えなどで

●31歳 女性

実家の庭にはプランターや鉢植えなどで、お花やちょっとした野菜などの植物を植えているのですが、時々可愛らしい訪問者が現れます。春先には蝶々、夏場には蝉、秋口にはトンボやコオロギなど、季節の移ろいに合わせて遊びに来る虫たちは可愛らしく、風情があります。同じ虫でも、害虫にはあまり来てほしくないですが、こういった訪問者なら大歓迎です。

そんな中でも、去年の梅雨時期の訪問者には思わず顔がほころびました。
ゲロゲロとやたら近くで蛙の鳴き声がするなと思ったら、リビングの窓を開けてすぐのところに置いてある植木鉢の中に、雨蛙が雨宿りをしに来ていました。
爬虫類は苦手ではなく、アマガエルくらいの鳴き声なら邪魔にもならず、また梅雨らしさもあり、しばらくその愛らしい姿を観察していました。
何日かそこに居座っていましたが、梅雨が明けるころにいつの間にかいなくなっていました。

今年もまた遊びに来てくれたらいいなと思いながら、今日も庭の手入れをしています。

Copyright (C)2018庭にくる鳥・虫・小動物のエピソード.All rights reserved.