ガーデニングに凝り始めて早一年。

庭にくる鳥・虫・小動物のエピソード
庭にくる鳥・虫・小動物のエピソード

ガーデニングに凝り始めて早一年

●50歳 女性

ガーデニングに凝り始めて早一年。今ではご近所の方や通りすがりの見ず知らずの方にまで「いつもきれいなお花でいっぱいね、楽しませて貰っています。」と声を掛けられる。
昨年の夏頃、庭に一匹のアマガエルを見つけた。綺麗な黄緑色のアマガエル。じっくり見たのは何十年ぶりのことか。暑い中、どこからきたものか、勿論、うちの庭に池や水槽などはない。田んぼがあるのはかなり距離のあるところなので、本当に不思議だ。それから2、3日に一度は現れるようになり、私も毎日探すのが日課になった。干からびてしまわないかと、水をシャワーの霧で掛けてあげた。定位置というか、お気に入りの場所がある様子。
秋頃には何を食べていたのか丸々と太り、もはや「うちのペット」感覚になった。寒くなり、冬の冬眠はどうするのかと心配していると、突然ぱったりと来なくなってしまった。うちの庭のどこかに潜って冬眠したのか、どこかへ行ってしまったのか。あのアマカエルがやってきた季節になると、ついついその時の定位置に現れやしないかと探してしまう。

Copyright (C)2018庭にくる鳥・虫・小動物のエピソード.All rights reserved.