横浜の住宅街にある一戸建ての我が家には、家に来る鳥・虫・小動物のエピソードはたくさんあります。

庭にくる鳥・虫・小動物のエピソード
庭にくる鳥・虫・小動物のエピソード

横浜の住宅街にある一戸建ての我が家には

●56歳 女性

横浜の住宅街にある一戸建ての我が家には、家に来る鳥・虫・小動物のエピソードはたくさんあります。今はもう成人している子供たちが、生き物が大好きだったのです。

長男は、小さい頃からいつもカマキリやトカゲを捕まえては、手に握りしめているような子でした。
幼稚園や学校の行き帰りにどこかで捕まえてきては、新しく購入した家の庭の花壇に「おうちだよ」と言っては放していました。
カマキリの卵は、私も昔から知ってはいましたが、花壇の手入れをしている時に小さな細長い卵がいくつか出てきました。
長男がいつも放しているトカゲの卵でした。
一緒にまたそっと土に埋めてあげたのが、今では懐かしい思い出です。

また、鳥というと近所にクジャクを飼っている家があります。そのクジャクは、脱走したことがあるらしいのですが、一度は知り合いの家に逃げ出したようです。
朝、リビングの雨戸を勢いよく開けた途端に、庭に入り込んでいたクジャクが驚いて、羽根を広げて威嚇したそうです。
知り合いはすぐにまた雨戸を閉めたと言って、大笑いしたエピソードです。

私の家は一戸建ての庭付きですので

●41歳 男性

私の家は一戸建ての庭付きですので、様々な鳥や虫、小動物がやってきます。
母親が花を育てるのが好きなのですが、6月のこの季節は特にラベンダーが庭に咲き誇っていて、やってくる虫達の中でも、たくさんのミツバチが花の蜜を集めに一生懸命に飛び回っています。また、鳥達も季節によって渡ってくるものがいます。
5月になると、庭にはツバメがやってきて、家の軒先に巣を作り、子育てに励み、6月頃になるとカッコウがやってきて、毎朝リズムを刻んでさえずっています。
小動物も、様々な動物がやってきます。近所で飼われている猫達は、我が家の庭は縄張りであり、そのパトロールの範囲なのか、堂々と歩いて行き、珍しいところでは、ホンドギツネがひょっこりと現れる時があります。キツネは、最初見かけた時はイヌが顔を出したかと思ったのですが、毛の色や飛び跳ね方、尻尾がふさふさとしているなど、キツネであることが分かって、ちょっとビックリしました。
一方のキツネも、私の姿を見て驚いたのか、すぐに素早く逃げ去っていきました。

庭があると、このような思わぬ出会いがあって、なかなか楽しみがあります。

Copyright (C)2018庭にくる鳥・虫・小動物のエピソード.All rights reserved.